そういう風に出来ている

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ゲーム】皆が等しく楽しむ為に

<<   作成日時 : 2005/08/15 07:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の記事で言い残した事があったので、その続き。

例えるなら、本や映画はレストランでコックさんが調理したモノを食べるだけ。
ゲームは素材を渡されて、自分で調理して食べなければならない。
自分の腕前が悪いとどんなに良い素材もマズくなってしまうのだ…。

という事を前回書いたので、では、どうしたら皆が同じレベルの料理を食べる事が出来るようになるのか考えてみた。

まず1つあるのは調理方法を簡易短縮化する事だろう。
レンジでチンしたり、お湯を入れて3分待ってればいいだけならば、どんな料理下手でもおいしい料理が作れる。
これはニンテンドーDSで展開されている様な短時間で決着が着くタイプのゲームや、太鼓の達人や塊魂の様に操作方法を極力簡単化したゲームを例に挙げる事が出来る。


もう1つは、料理本を読んだり、料理教室に通ったりする方法。
ゲームで言うなら、攻略本や攻略サイトを見たり、ゲーム中の練習モードや難易度を下げてレベルアップするといったところか。

よく思う事なのだが、ゲーム製作者は自分が作ったゲームをクリアされないまま、棚に積まれていったり、中古屋へ流れて行く事をどう思っているのだろう?
「簡単過ぎると、すぐにクリアされ、すぐに飽きられて中古屋に流れてしまう。」という言い分があるのは勿論なのだが、そういう考えがライトユーザーのゲーム離れを誘発したのではないだろうか。
これからは、「難し過ぎると、すぐにクリア出来なくて、時間の無駄なので中古屋に流れてしまう。」という事を意識すべきだと思う。
PS3やXbox360が出たら現状のゲームよりも、ボリュームが増えるのは確かなわけで、途中で投げ出してしまうケースも増えるんじゃないかな?

「簡単過ぎるとすぐに飽きられる」というけども、それは違うと思う。
面白いゲームなら、クリアしても何回もやりたくなるモノだ。
1回クリアして満足するようなゲームは結局売られる運命、それが遅いか早いかの問題だけ。
だから、どんなゲームも1度はクリア出来るようにして欲しい。
その為にはゲームの難易度を下げるでもいいし、ゲームと同時に攻略本を出すでもいいからして欲しいな。

ちょっと話がズレたけど、結局料理がうまくなる1番の方法は数をこなす事だ。
それが1番だとは思うけど、ゲームという高価なモノをそう何個も簡単に買えるわけではないし、そういった努力をしてまでゲームをするヤツなんていないんだよね…。
だから、調理方法を既に知っている続編モノが市場を埋めて、調理方法の解らない新規タイトルは敬遠される。
一体、どうすりゃいいんだろ…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ゲーム】皆が等しく楽しむ為に そういう風に出来ている/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる