そういう風に出来ている

アクセスカウンタ

zoom RSS 【雑記】サロゲート・パートナー

<<   作成日時 : 2005/08/24 07:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

アメリカには「サロゲート・パートナー」という職業があるのをご存知でしょうか?

女性に縁がないまま中年を迎えた人たちは、それを隠そうとすることで対人関係において心に壁を作ってしまうし、自分は普通じゃないんだ、という自己嫌悪と劣等感、自信喪失に苛まれ、ノイローゼやうつ病などに陥る傾向があるという。
それを治療するため、セックスを経験させてあげる「サロゲート・パートナー」という職業がアメリカには存在する。
単にセックスするのではなく、心に作ってしまった壁を取り除いてやる作業なのでセラピストとしての能力と資格を持った人が行う。
早い話、女医さんが優しくセックスの手ほどきをしてくれるわけ。(ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記さんより)

以下、ストリームからの情報。
・治療期間は2〜3週間(人による?)
・費用は治療費だけで50万円強・経費も入れると100万円近く掛かるらしい。
・カルフォニア州のみ合法だが出張営業(?)も出来る。
・世界中から何百万円も掛けて患者がくるらしい。(中国からも来るとか)
・セラピストは現在30人、男性セラピストもいるが女性患者は全体の2%に過ぎない。
・セラピストは患者と同年代の40代の人が中心。(若い人は患者に重圧が掛かる為NG)
・患者は体を触ったり、目を合わせたりする事にすら抵抗があるので、治療は大変難しいらしい。
・治療を受ける為には精神科医からの診断書が必要。(風俗じゃありません!)


最初聞いた時は「なんて夢のある話だ!」と思いましたが、こう詳しく聞いてみるとそんなんじゃなくて、単純にトラウマを取り除く為のセラピーなんだなぁと感じました。
まぁ、童貞をこじらせるのも大変なんですけど、逆にヤリチンをこじらせる人もいるわけで、アメリカはなかなか大変ですね。(笑)

コンプレックスとかトラウマとかいろいろあるけどさ、「そんなもん、クソ喰らえ!」と笑い飛ばせる強い人間になりたいな。(`・ω・´)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヲタク流行(ばやり)
わたしオタクです−。神奈川県藤沢市の映画館「フジサワ中央」(藤沢映画興行)は、上映中の映画「電車男」で、高校生以上の客が「オタク」と申告すれば料金が安くなる「オタク料金」を設定、反響を呼んでいる。 ...続きを見る
★きのこ大学
2005/08/30 00:19
ヲタク流行(ばやり)
わたしオタクです−。神奈川県藤沢市の映画館「フジサワ中央」(藤沢映画興行)は、上映中の映画「電車男」で、高校生以上の客が「オタク」と申告すれば料金が安くなる「オタク料金」を設定、反響を呼んでいる。 ...続きを見る
★きのこ大学
2005/08/30 00:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【雑記】サロゲート・パートナー そういう風に出来ている/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる