そういう風に出来ている

アクセスカウンタ

zoom RSS 【アテネ五輪】野球・日本vsカナダ

<<   作成日時 : 2004/08/26 13:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

やったー!銅メダルだー!
日本が世界で三番目に強いってホントすごい!
やっぱプロの選手は違うな〜って思いました〜!
病床から選手を見守る長嶋監督にもすごく感動!
長嶋ジャパン万歳〜!



野球に関する知識は自信が無いのですが、上に書いた事を言うのは御門違いってのはなんとなくわかる。
試合の敗因等は詳しくないのでわかりませんが、素人ながら思うのは「果たして本気だったのか?」ということ。
これは選手やコーチ野球関係者だけでなく、見ているファンにとっても。

代表の試合と巨人の試合が普通に両方とも放送されていて、本当の野球ファンはどっちを見ているのだろう?と疑問に思った。
別に巨人戦見ている人を見ている人を非難するつもりはない、むしろこの状況で巨人を選択する人は本当の巨人ファンだとも思えるし、「適当に急造された代表チームを見るくらいなら、完成されたプロの試合を見る」という見方で言えばこちらが野球ファンという気がしないでもない。
(代表の試合中にシーズンを強行するのが1番イケナイんだろうけど。オーナー連中はどっちを見て欲しいのか聞きたいな。)

この野球五輪代表に対して、(ファンを含めた)野球界全体が中途半端なアプローチしか出来ないのがもどかしい。
きっと「どうせアメリカが本気じゃない五輪だし」、「松井やイチローがいない代表だし」といった言い訳が邪魔して五輪3位という現実がまたあやふやになりそうだ。
これでは北京も同じ轍を踏む気がしてならない。

試合後、中畑コーチやカナダの監督も「五輪はアマで、プロはW杯で。」という事を言っていた。
アマかプロか?それはどっちでもいい。
大切なのは完全燃焼出来る体制。
監督が自由にメンバー選出をし、監督が望む量の練習や試合を組み、本当にこれ以上ない状態で勝負すべき。
そういった勝利への絶え間無い努力と執念が本当の喜びを生むのだ。
もし、それが出来ていたのならメダルの輝きは違っていただろう。
例え結果が銅メダルでも、「やったー!銅メダルだー!」と叫べたに違いない。


(野球ファンの皆様、生意気な事言ってごめんなさい。お気に障れても糞素人の戯言なんで気にしないで下さい。失礼しました。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドリームチームが銅メダル、で視聴率は?
アテネ五輪の野球で日本が銅メダルを獲得した25日の3位決定戦を中継したテレビ朝日 ...続きを見る
?ふぐ屋、風と共に去らぬ?
2004/08/26 18:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
少なくとも、選手やコーチの現場の人たちは本気だったと思うよ。
はらぺこ
2004/08/26 14:19
はい、確かに現場の人達は全力でやっていたと思います。
語弊があったので、そこは訂正させていただきます。
管理人
2004/08/26 16:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【アテネ五輪】野球・日本vsカナダ そういう風に出来ている/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる